優秀な社員を定着させ・ダメ社員を育てるチャンス

平成18年4月1日から60歳以上の高年齢労働者の雇用を確保することが

義務付けられました。

高年齢者等の雇用の安定等に関する法律が改正されました。

もし、就業規則に定めるなどの対応をしていなかったから!

高年齢者の有無に関らず、対応しなければ違法です。

対応せずに放置したままにしていると未対応の会社が

ハローワークで求人票を公開しようとすると、求人公開の一時ストップや、

是正指導を受ける事が考えられます。

仮に改正法の対象となる高年齢者がいて、何の雇用確保措置も

取っていない会社では、その社員が改正法に沿った

継続勤務を望む場合には「NO」と言う事ができません。

まだ対応していないのならば

今すぐ準備をしましょう!

 無料レポート
 ◆優秀な社員を定着させ・ダメ社員を育てるチャンス



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33212350
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。